葉酸を摂取して胎児の障害リスクを下げよう【葉酸サプリを利用】

先天異常のリスクを下げる

女性

妊娠前から備える栄養

葉酸とは、ビタミンB群の一種で水溶性のビタミンになり、海草類やレバー、枝豆、ブロッコリー、いちごなど様々な食品に含まれています。成人男女の1日必要量は、240マイクログラムで、全て食事から補う為には、葉酸を多く含む食事を多く摂取しなくてはいけません。妊娠中、授乳中には更に240マイクログラムが必要で、480マイクログラムが必要であるとされており、新しい赤血球を作ったり、赤ちゃんの成長や発育に必要な栄養素です。妊娠の4-7週位までの妊娠初期は、器官形成期と言われ胎児の体が作られる最も重要な時期で、この時期に、葉酸が不足していると、胎児の神経管の障害のリスクがあがることがわかっています。神経管は、胎児の脳や脊髄など中枢神経系にとっても重要な器官となっています。先天性の障害である神経管の障害のリスクを低下させるため、母体が葉酸を充分に摂取することが大事です。妊娠初期は、妊娠に気付かない場合も多く、生理予定日が4週に入ってしまうので、すぐ気付いた場合でも葉酸が重要な時期になっているのです。この為、妊娠初期に葉酸を必要量を摂取することで妊娠がわかる1ヶ月位前から葉酸を摂取することが望ましいです。食事からの摂取では、充分な量は摂れないおそれもあり、葉酸サプリを利用し、必要量を摂取するといいでしょう。また、妊娠を目指している妊活中の場合には、いつ妊娠してもいいように、葉酸サプリを摂取して妊娠に備えることが大切です。

夫婦

目的に合った商品を選ぶ

女の子を希望する際は膣内が酸性の状態が良いとされていますがハローベビーガールも産み分けに役立つ商品のひとつです。失敗のないように使うためには正しい使い方を理解することが大事です。排卵日もしっかりと把握しておきましょう。

詳しく見る

カウンセリング

対応の良い病院を利用

産婦人科は産科と婦人科があり、川崎には大小含めるとかなり多くの産婦人科があります。妊娠と出産を控える方にとってはとても重要な施設です。川崎で利用する際は、医師やスタッフ、さらには施設状況も確認の上、利用する先を決定したいところです。

詳しく見る

妊娠検査薬

自宅でできる排卵日予測

妊娠をするためには、排卵に合わせた性交が必要で、排卵日を知ることが大事です。排卵日を予測する為には、病院で診察する他に、自宅でできる排卵検査薬を使用する方法があります。排卵検査薬は薬局で簡単に手に入り、検査キットに尿をかけ、ラインの濃さで排卵日が近いサインを知ることができ便利です。

詳しく見る

サプリメント

プレママに必要不可欠

ビタミンBの一種である葉酸は胎児の健康な発達のために欠かせない栄養素なので、特に妊娠している女性は不足しないよう心がける必要があります。日々の食事だけで妊婦に必要な量の葉酸を摂ることは難しいので、サプリメントをうまく利用するのがよいでしょう。

詳しく見る

赤ちゃん

産み分けをしたい人に

女の子が欲しいという人の間で人気となっているのが、膣内環境をコントロールすることで産み分け出来るハローベビーガールです。成功確率は80%とされており、失敗する可能性はあるものの何もしないようもかなりの高確率となっています。また、国産で天然成分で作られているのも人気の理由となっています。

詳しく見る