葉酸を摂取して胎児の障害リスクを下げよう【葉酸サプリを利用】

プレママに必要不可欠

サプリメント

サプリメントも上手に活用

葉酸は、妊娠中の女性や妊娠を希望している女性の注目を特に多く集めている栄養素の一つです。葉酸は水溶性のビタミンBの一種なのですが、胎児が正常に発達するために必要不可欠の栄養素であることがわかっているためです。また、葉酸は赤血球をつくるのに欠かせない物質でもあり、胎児だけでなく広く子どもたちにとって成長のために重要な役割を持っているといわれています。葉酸を豊富に含んでいる食べ物としては、牛・豚・鶏などのレバー、魚卵、海苔やわかめなどの海藻、色の濃い葉物野菜などが挙げられます。ただ、妊娠中の女性や妊娠を希望している女性に限って言えば、食べ物だけで葉酸をまかなおうとするよりもサプリメントなどで補うことをおすすめします。食物由来の葉酸だけでは胎児の発達のために十分望ましい量を吸収できるとは限らないためです。食物に自然に含まれている葉酸はポリグルタミン酸型の葉酸ですが、サプリメントなどに使われているのはモノグルタミン酸型の葉酸です。効率的に吸収できるという意味ではこのモノグルタミン酸型の方がよいとされています。それでは胎児が健康に育つためにどのくらいの量の葉酸を摂取すればよいかというと、厚生労働省は一日の目安として400マイクログラムという数値を挙げています。これを天然の食品のみで補給しようと思うと吸収率の問題があって難しいですが、サプリメントであれば簡単に規則正しく摂ることができます。ただ必要以上に摂りすぎてもよくないので、900マイクログラムを超えないようにすることが大切です。